30代からのスキンケア

30代に突入すると肌トラブルが20代の頃に比べるとかなり違うように思います。大学生の頃は飲み会もしょっちゅう行っていましたし、カラオケでオールすることなんて当たり前でした。一日や二日くらいならスキンケアなんてしなくても余裕で大丈夫でしたし、肌トラブルを感じたことすらもなかったですね。30代になるときちんと毎日のスキンケアをしなければ、本当に大変なことになってしまいます。肌はボロボロになりますし、吹き出物やシミも出来ます。これほどまでに肌の調子が悪くなるなんて、20代の頃は想像も出来ませんでした。今は寒い時期ですから洗顔をしてからすぐに化粧水でパッティングをしても、肌がつってしまいドライ肌になるんです。

かなりのドライ肌なのかもしれません。化粧水をした後は乳液か美容液をつけてしっかりと保湿をします。この保湿を怠ると水分が逃げてしまいドライ肌になってしまうんですね。ドライ肌だと化粧のりも悪く最悪な状態になります。私がいつも使っているのはパウダリーファンデーションですが、あまりにも化粧のりが悪いので思い切ってリキッドファンデーションに変えようかと、検討中なのです。昔はリキッドファンデーションだと余分な油分が顔中に出てテカリが気になるので、ずっと使っていませんでしたが30代になりましたし、当然肌質は変わってきていると自分でも自覚しているので、これからは自分に合った化粧品をゆっくりと選んでいこうかと思っています。30代になってスキンケアの仕方を真剣に考え始めましたが、例えば洗顔の仕方一つで肌年齢に驚きの変化があるのです。間違った洗顔方法を続けているだけで、綺麗になるどころか毛穴の汚れをしっかりと落としきれていなかったり肌を傷つけてしまい、逆に老化を早めてしまうので注意が必要です。洗顔方法だけでなく、使っている洗顔料も選び方を間違えるとシミの原因を招いてしまいます。洗顔を一つとっても色々なスキンケア方法がありますので、美肌を目指してスキンケアをしていくには正しい知識を身につける必要がありそうです。

しかし、自分にあった基礎化粧品を探すのは本当に大変でなかなか出会えないという人も多いのではないでしょうか。化粧品にサンプルが多く存在するのはそのためとも言えるでしょう。肌に合わない化粧品を使うとたちまち肌が赤くはれたりと肌トラブルが起きてしまうからです。私も新商品が出たりするとまずはサンプルを頂いて試してみるようにしています。一回使い切りタイプのサンプルが多いのですが、一回だけ使っただけではわからないこともあるので、出来れば2~3回続けて試せるようなサンプルを使ってみることをオススメします。